iOS – AppStoreへのアプリの再申請

以前に申請したiOSアプリがrejectされてしまったので、再申請をしました。そのときの手順をこのメモに残しておきます。

iOS Dev CenterからiTune Connectにログインします。「Manage Your Apps」のリンクを開くと以前に申請したアプリのアイコンが表示されるので、そのリンクを開きます。開かれた画面の右下に「View Details」というボタンがあるので、そのボタンのリンクを開きます。

itune_connect_ready_to_upload_binaryそうすると、アプリのタイトルとともに以前申請した内容が表示されます。この画面の右上と右下に「Ready to Upload Binary」というボタンが表示されるので、このボタンを押します。

この操作によって修正後のアプリを再度App Storeにアップロードできるようになります。アプリのアップロードの手順は以前書いたメモ「App Storeへのアプリの登録手順」の「4.アプリのアップロード」と同じです。

後はiTunes ConnectのReview Noteに前回からの変更点などを書いてあげるとレビューアーも助かると思います。

 

 

iOS – AppStoreへのアプリの再申請” への2件のコメント

  1. Appleに申請したiOSアプリがrejectされてしまいました。
    再申請なのですが、修正したアプリに対して、また新しいApp IDを作成し、
    Provisioning Profileの登録もやり直すのでしょうか?
    始めてのアプリ作りでわからないことが多く。。
    ご回答よろしくお願いします。

    • rejectされて再申請する場合は修正したアプリを再度アップロードするだけで大丈夫です。なので、新しいApp IDの作成やProvisioning Profileの再登録も必要ありません。

      このメモにもあるように、修正したアプリを再度アップロードする前にiTunes Connectにて当該アプリの画面で「Ready to Upload Binary」を押す必要があるので、そこだけ注意してください。

      アプリが無事acceptされるといいですね。
      田村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>