App Storeへのアプリの登録手順

開発環境が既に整っていることを前提に、App Storeへのアプリの登録手順を紹介します。

 

1.App IDの登録

App IDはアプリごとに作成する必要があります。iOS Provisioning Portalに行き、左側にあるメニューから「App IDs」を選択して、右上に表示される「New App ID」を選択します。

次に表示される「Create App ID」画面の項目には以下の内容を入力します。

Description App IDに対する説明です。開発者のための項目なので、そのApp IDを開発者が識別できる内容ならばいいと思います。
Bundle Seed ID (App ID Prefix) App IDの接頭辞です。Team IDを選択するのが推奨されているらしいです。(たぶん)
Bundle Identifier (App ID Suffix) App IDの接尾辞です。他のApp IDとかぶらない内容を入力する必要があります。もしドメインを所有しているなら、そのドメインの後ろから記述していくことが推奨されています。(例:com.example.ios.testなど)

最後にSubmitボタンを押してApp IDの登録が完了します。

 

2.Provisioning Profileの登録

Provisioning Profileもアプリごとに必要になります。これもiOS Provisioning Portalに行き、左側にあるメニューから「Provisioning」を選択して、表示されるタブの中から「Distribution」を選択します。ちなみにここで「Development」のタブを選択してことを進めてしまうと、開発用のプロファイルができてしまいます。今回はApp Storeへの登録用のプロファイルを作りたいので「Distribution」タブを選択したわけです。

Distributionタブ内の右上にある「New Profile」ボタンを選択し、Profile作成画面へと進みます。「Create iOS Distribution Provisioning Profile」画面の項目には以下の内容を選択・入力します。

Distribution Method 今回はApp Storeに登録したいので、App Storeを選択します。
Profile Name プロファイルの名前です。開発者のための項目なので、開発者がわかる内容でよいです。
App ID 対象のApp IDを選択します。先ほど登録したApp IDを選択します。

Submitボタンを押してプロファイルの作成完了です。

プロファイル作成後に画面をリロードすると、プロファイルをダウンロードするためのリンクが現れるので、そこからダウンロードを行い、プロファイルを読み込んでください。プロファイルをダブルクリックするとX Codeのオーガナイザーが自動的にプロファイルを読み込んでくれるはずです。

 

3.アプリ情報の登録

次はiOS Provisioning Portalではなく、iTunes Connectに行き、アプリ情報の登録を行います。「Manage Your Applications」のリンクを押してアプリ管理画面を開き、その画面の右上にある「Add New App」ボタンを教えてアプリ登録画面へと進みます。

Default Language デフォルト言語を選択します。できるなら英語で。(日本語のほうが審査が甘いような…)
 App Name アプリ名を入力します。デフォルト言語が日本語なら日本語で。
 SKU Number 他のアプリと重複しない番号を入力します。
 Bundle ID  App IDを登録の際に入力した「Bundle identifier」を選択します。つまり、ここでアプリ情報とApp IDの紐付けを行なっているわけです。

上記の入力が終わったら「Continue」ボタンを押して次の画面に進みます。次の画面では以下の項目を設定します。

Availability Date アプリの公開予定日です。この予定日と審査が完了する日のいずれか遅い日にApp Storeにアプリが公開されます。
Price Tier 価格を設定します。無料の場合は"Free"、有料の場合はどのレベルの価格にするかを選択します。価格のレベルについてはView Pricing Matrixのリンクから詳細が確認できます。
Discount for Educational Institutions 教育向けの使用について割引を行う場合はここにチェックを入れましょう。

上記の入力が終わったら「Continue」ボタンを押して次の画面に進みます。次の画面では4つのセクションがあり、それぞれ以下のように入力します。

Version Information 

Version Number 今回申請するアプリのバージョン番号です。
Copyright コピーライトです。個人で申請する場合は個人名を、企業・団体として申請する場合は企業名・団体名を入力します。
Primary Category アプリの第1希望のカテゴリを選択します。
Secondary Category (Optional) アプリの第2希望のカテゴリを選択します。
Rating アプリにアダルト・暴力系のコンテンツが含まれているかどうかを回答します。いかがわしい(?)内容のアプリでなければすべて"None"を選択します。

Metadata

Description 申請するアプリの説明文を入力します。
Keywords 申請するアプリに関連するキーワードを入力します。このキーワードはApp Storeでの検索結果に影響するとで重要な項目です。
Support URL 申請するアプリのサポートページのURLを入力します。連絡先のメールアドレス等がサポートページにないと審査に落ちてしまうので気をつけましょう。
Marketing URL (Optional) 申請するアプリの広告用のWebページがあればそのURLを入力します。
Privacy Policy URL (Optional) 申請するアプリに関するプライバシーポリシーが記載されているWebページがあればそのURLを入力します。

App Review Information

First Name 申請者の名を入力します。
Last Name 申請者の性を入力します。
Email Address 申請者のメールアドレスを入力します。
Phone Number 申請者の電話番号を入力します。申請者が日本にいる場合は海外からも通じるように先頭に"81"をつけて、かつ元の番号の先頭から0を取り除いた番号を入力します。(例:03-1234-5678 → 813-1234-5678)
Review Notes アプリを審査する人に伝えたいことがあればここにか行きましょう。たぶん英語じゃないとダメです。
Demo Account Information もし申請するアプリにアカウントが必要ならばデモ用のユーザIDとパスワードを入力します。

Uploads

Large App Icon 申請するアプリのアイコンを指定します。サイズは1024x1024です。それ以外のサイズだとエラーになります。
3.5-inch Retina Display Screenshots 申請するアプリの3インチディスプレイ用のスクリーンショットを選択します。サイズは960x640, 960x600, 640x960 640x920のいずれかです。
4-inch Retina Display Screenshots 申請するアプリの4インチディスプレイ用のスクリーンショットを選択します。サイズは1136x640, 1136x600, 640x1136 640x1096のいずれかです。
iPad Screenshots 申請するアプリのiPad用のスクリーンショットを選択します。サイズは1024x768, 1024x748, 768x1024, 768x1004, 2048x1536, 2048x1496, 1536x2048のいずれかです。

最後に画面右下の「Save」ボタンを押して完了です。

 

4.アプリのアップロード

これが一番ややこしいです…。でも、1つ1つ丁寧に進めていけばきっと大丈夫!
X codeを起動します。(このメモを書いた時点でのX Codeのバージョンは4.5.2) まずは{プロジェクト名}-Info.plistを編集します。

Info.plistでは下図に示すBundle identifierBundle versionを変更します。Bundle indetifierはApp IDの登録時に入力したものと同じものにしてください。Bundle versionはアプリ情報を登録したときに入力したバージョンと同じものにしてください。

Info.plist

次に、下図のようにプロジェクトを選択して「Building Setting」を開きます。この中にCode signing identifierという項目があるので、 手順「2.」で作成したProvisioning Profileと同じものを選択してください。

次に、X Codeの左上にScheme選択部分を右クリックして「Edit Scheme」を選択します。

表示された画面の「Archive」を選択して「Build Configuration」を"Release"に変更します。もし既に"Release"になっている場合はそのままで。

ここまでで設定に関しては完了です。ここからはアプリのアーカイブを作成し、Appleに送信する作業に入ります。

X Codeのメニューの「Product」から「Archive」を選択します。コンパイルが始まり、作成されたArchiveがオーガナイザー上に表示されるはずです。

ちなみに、このArchive作成で失敗することがあります。私が遭遇したのは「 armv7sというアーキテクチャに対応していない」というものでした。このときはBuild SettingsのArchitecturesのValid Architectureからarmv7sを削除することで対応しました。(本当にこの対応で良かったのだろうか…)

ここからはオーガナイザー上での作業です。ArchiveをAppleに送る前にArchiveの検証作業(バリデーション)が必要になります。オーガナイザー上の「Validate…」ボタンを押してバリデーション作業を進めます。もしこのボタンを押したときに「アプリのステータスが"Ready for Upload"になってないぞ!」と怒られたらiTunes Connectに行って、「Ready to Upload Binary」ボタン(下図参照)を探してそれを押してください。アプリのステータスが変わるはずです。

バリデーション作業がうまくいったら、最後にAppleへArchiveの送信を行います。オーガナイザー上の「Distribute…」ボタンを押し、配布の種類を「App Store」にして処理を進めます。この処理が最後まで進めばApp Storeへの登録作業は全て完了です!

念のため、iTunes Connectに行って、申請したアプリの状態が「Waiting For Review」になっていることを確認しましょう。この状態になっていればあとは待つだけです。

だいたい2週間ぐらいで返事が来ると思います。気長に待ちましょう。

 

 

2 thoughts on “App Storeへのアプリの登録手順

  1. iAppに登録する際、すごく参考になりました。
    (他サイトと比較してもわかりやすかったです)

    ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です